HOME » 家庭教師選びの参考に!おさえておきたい3つのポイント » 東京の中学受験に家庭教師は必要?塾との併用がおすすめな理由とは

東京の中学受験に家庭教師は必要?塾との併用がおすすめな理由とは

東京での中学受験を考えているけれど、家庭教師や塾は必要なのか、またはどちらがよいのかと悩む保護者の方もいらっしゃると思います。

最もおすすめなのは、塾と家庭教師を併用して利用することです。

その理由をご紹介します。

塾で予習し学校と家庭教師で復習!3ステップで確実に内容を理解

一般的に、中学受験のための塾では学校の授業ではまだ習っていない部分を一歩進んで教わります。つまり、その後学校で行う授業は塾で習った内容の「復習」ということになります。それだけでもよいのですが、さらに家庭教師をつけて塾と併用し

  1. 塾で予習
  2. 学校で復習
  3. さらに家庭教師で復習

と3ステップを踏むことで、より深く・確実に勉強内容を理解することができるのです。

塾でわからなかったところを家庭教師に質問できる

中学受験塾はレベルが高いため、理解できない箇所が出てくることもあるでしょう。さらに授業の進み具合も速い傾向にあり、集団指導であればなおさらわからない箇所があっても質問しにくいというデメリットがあります。

一方、家庭教師はマンツーマンですから、万が一躓いても理解できるまでじっくりと教えてもらうことができますし、お子さんとしても周りの目を気にせずに質問ができる環境にあります。

わからない箇所をそのままにしておくと、雪だるま式に理解できない箇所が増えていってしまう可能性がありますから、家庭教師と併用することで、塾でわからなかった部分を潰していくことが大切なのです。

塾ではレベルの高い指導・家庭教師では1人1人に合った指導を受けられる

中学受験塾のメリットはなんといっても難関校などに向けてのレベルの高い指導で、周りと一歩差をつけることができる点です。ただし、クラスの全生徒を対象に授業を行うため、1人1人に合った指導を求めるのは厳しいでしょう。その点、家庭教師なら

  • 得意科目だけれど、この箇所は苦手だからここだけもう少し深く勉強したい
  • この科目は苦手だから基礎中の基礎からもう一度教えてほしい

など、わからない箇所を質問できるだけではなく、お子さん1人1人の得意・苦手科目や進み具合、性格に合わせた指導をしてもらえます。 塾でのハイレベルな授業に加え、家庭教師でお子さんに適した授業を行うことで、より効果的に勉強を進めることができるのです。

家庭教師の併用で勉強面だけではなく精神面の支えにもなる

中学受験を目指す中で、勉強内容がわからなくなって投げ出したくなったり、勉強自体が辛くなってしまったり…と、お子さん自身辛くなる時期もあるでしょう。そんな姿を見る保護者の方も不安になってしまいますよね。

しかし生徒数も多い塾ではこうした悩みをじっくりと聞いてもらうことはなかなか難しいでしょう。

一方、家庭教師は生徒1人1人との距離が近いため信頼関係も築きやすいので勉強の悩みはもちろん、学校の話や雑談などもしやすいというメリットがあります。家庭教師の存在は、お子さんにとって精神的な支えにもなってくれるのです。

保護者も安心!家庭教師の併用で子どもの状況がよくわかる

確実に成績アップ、志望校合格を狙うなら塾と家庭教師の併用がおすすめです。塾と家庭教師の併用は子どもにとってメリットが多いだけでなく、保護者にとってのメリットもたくさんあります。家庭教師を上手に活用して、お子さんの成績アップにつなげましょう。

家庭教師に子どもの状況を報告してもらえる

家庭教師は塾よりも親密に子どもと接する時間が多くなります。毎回家庭に来てくれるため、保護者との距離も近いのが特徴ですよね。お子さんの現状をしっかり把握し、逐一保護者にも報告してくれるでしょう。「勉強に身が入っていない」「つまずいていた点がわかってきている」など、ささいなことでも報告してもらうようにしましょう。塾が合っているのかどうかも、家庭教師からの視点でチェックしてもらうことができます。
また、リビングなどで指導を行ってもらえば、指導内容も確認できるので安心できますよね。

学習面や態度面など全体的な様子がわかる報告書を書いてもらおう

家庭教師のほとんどは保護者に報告書を提出してくれます。その都度の簡単な報告書から、月々の報告書まで。毎回欠かさずチェックするようにしましょう。

報告書の内容は指導内容のほか、子どもの勉強の理解度、学習意欲、宿題をしているかどうか、目標設定など。家庭教師からのアドバイスを聞けることもあります。 「普段家にいない」「子どもの勉強している様子を十分に確認できない」という保護者の方も、この報告書を見ればお子さんがどのような勉強をしているのかを理解することができます。
ぼんやりと「もっと勉強しなきゃ」「今月はいい調子ね」とお子さんに伝えるのではなく、報告書を見て「英語の成績が上がったね」「今、数学をがんばってるみたいね」など、具体的な会話をしてあげることでお子さんとのコミュニケーションもとりやすくなり、またお子さんのサポートもしやすくなることでしょう。

子どもの成長がわからない塾、全体のレベルがわからない家庭教師

お子さんに勉強をさせるためには塾に通わせるのがよいのか、家庭教師に来てもらうのがよいのかわからないという保護者の皆さんのためにそれぞれの特徴をご紹介します。

まずは塾だけに行かせる場合。 塾では質の高い内容をしっかり教えてくれて、宿題を出すことなどで自宅でも学習できる環境を作ってくれます。しかし塾の教室の中にまで保護者が入っていくことはできませんよね。そのため、いくら授業のカリキュラムがしっかりしていると言われても、実際にはどんな内容の授業が行われているのかわかりません。お子さんがどれくらい集中しているのか、理解しているのかも、保護者からはわかりにくいですよね。
一方、家庭教師ならその点はカバーされます。

マンツーマンでしっかり見てくれるので、わからない場所や勉強への取り組み方など、細かいところまで指導してくれるでしょう。保護者の目の届く範囲で指導を行ってくれて、指導内容をチェックできるのもメリットです。しかし、1人だけを対象としているため、お子さんの成績が上がったとしても全体で見るとどれくらいの位置にいるのかというところがわかりにくいというデメリットもあります。これはお子さんにとっても、保護者にとっても不安な点ですよね。

塾と家庭教師を併用することでそれぞれのデメリットを補える

塾と家庭教師を併用することで、それぞれのデメリットを補い、よりお子さんの成績を上げることができます。塾で習ってきたことの理解度を家庭教師に見てもらうことで、塾の内容がお子さんに合っているのかを確認できます。
また、家庭教師に親身にサポートしてもらい成績が上がったときに塾の模試などを受ければ、全体でのお子さん自身のポジションも確認することができます。

塾に任せっきりになるのは怖いけど、家庭教師とマンツーマンで黙々と勉強をさせるのもちょっと…と思っている保護者の方は、それぞれのメリットを生かしつつデメリットを補ってくれる塾と家庭教師の併用を考えてみましょう。

お子さんに合った塾や家庭教師を選ぶことが最も重要!

レベルの高い授業で難関校の受験対策ができる塾は、中学受験をする上で最適な勉強場所といえるでしょう。しかし塾だけではカバーしきれない部分もありますから、家庭教師と併用してそうした部分を補うことで、より成績アップや志望校合格に近づくことができるのです。

とはいえ、とにかく塾と家庭教師を併用すればよいという訳ではありません。最も大切なのは、お子さんや保護者の方が納得できる、最適な塾や家庭教師を選択することです。

当サイトではさまざまな家庭教師の評判や特徴をまとめています。家庭教師をつけようか迷っている方はもちろん、すでに塾に通っているけれど家庭教師と併用しようか検討しているという方は、ぜひ当サイトを参考にしながら最適な家庭教師を見つけてくださいね。

親子で徹底比較レポート!家庭教師の派遣会社はどこがいい家庭教師センター辛口比較レポートをじっくり読む

ページの先頭へ