HOME » 家庭教師選びの参考に!おさえておきたい3つのポイント » 小学生のための家庭教師選びに役立つ5つのポイント

小学生のための家庭教師選びに役立つ5つのポイント

家庭教師

小学生に家庭教師を付けるなら、上手にモチベーションを高め、子どもにあった勉強方法も教えてくれるような先生を選びたいものです。

ここでは、そんな子どもにぴったりの先生を見つけるための5つのポイントについてご紹介したいと思います。

1.子どもと家庭教師の相性

子どもが小学生なら、まず親御さんが学歴や人柄を調べ、その後で子どもに引き合わせるというケースが多いでしょう。

しかし、お父さんやお母さんがいくら気に入った先生であったとしても、子どもが先生に懐かないケースは少なくありません。

家庭教師は子どもと二人三脚で勉強を進めるパートナーであり、先生との相性は勉強ペースに大きく影響します。

特に小学生は感受性が強い時期なので、友だちのように良い関係を築き、なおかつ尊敬できる先生であることが理想です。

子どもに好かれる努力をする先生であることが大切

家庭教師自身も、子どもに好かれるために努力する姿勢を持っていることが大切です。自然と子どもに好かれる性格の人もいますが、子どもたちは一人一人個性が違うもの。

それを理解して、生徒に合わせた勉強方法を考え、子どもに向き合うことを重視している家庭教師は結果を残しています。

小学生にとっての家庭教師は、ただ勉強を教えてくれる人というだけでなく、役割モデルともなるべき存在です。勉強の仕方や礼儀の面でもお手本になる人であれば、長期的に子どもに良い影響を与えてくれることでしょう。

2.家庭教師の出身校や学んだ塾を確認する

高学歴だから人格も立派であるとは限りませんが、有名中学の受験に合格にしているとか、レベルの高い高校や大学に合格したという実績があれば、頼りがいのある家庭教師として、ひとつの目安になると言えるでしょう。

家庭教師あっせん会社を通して探す場合は、手っ取り早く学歴を指定して先生を探してもらうこともできます。

どんな塾で学んだかも参考に

どんな塾に通っていたかによって、身に着けている勉強方法や教えるスキルをある程度予想することができます。

必ずしも自身が勉強できるから教え方も上手であるとは限りませんが、効率良い勉強方法を塾で身に着けている人は、家庭教師をする場合もそのノウハウを使って生徒に教えることが多いのです。

3.家庭教師の指導方法や実績をチェック

家庭教師には大学生のアルバイトも多く含まれるので、教師によっては毎回ただ授業を行なえばいいと考えていることもありますし、聞かれたことに答えればいいという姿勢の人もいます。

また、最近は自宅を実際に訪問する形よりも安価な、オンラインで教える形の家庭教師も増えてきました。

カメラを通じて対面するとは言え、的確な指導や生徒のモチベーションを上げるには、実際にとなりに座って教える以上のスキルが必要です。

そのため、小学生に教えると言っても、自分の指導方法を磨き、生徒の成績を上げることを意識している先生を選びたいものです。

点数を意識しているかどうか

家庭教師のほうから、生徒の定期テストの点数について質問してくるかどうかは大きなポイントです。なぜなら、家庭教師自身が「テストの点数=自分の指導方法の点数」として意識しているかどうかがわかるからです。

生徒の成績や勉強週間に関心を持ち、それを改善するために家庭教師側から提案があると、親御さんとしても安心できるでしょう。

また、その提案が実際的かどうか、子どもの性格にも合っているかで、継続するかの判断をすることもできます。

過去の実績もチェックする

候補となる先生の、家庭教師としての実績も聞いておきましょう。

大手の斡旋会社からの紹介であれば会社にそうした情報を求めることができますし、個人契約でも、有名中学への合格に導いたとか、定期テストの点数を平均何点上げることができたかなどといった具体的な実績を聞いてみるのも良いでしょう。

最近では、比較的安価であることから、個人契約で家庭教師を付けるケースも多くなってきました。その場合も、先生の教育信念や責任感をしっかり確認することを重視するべきです。

子どもの勉強習慣が改善した、集中できる時間が長くなったなどの、親御さんからの口コミを調べてみることもできます。

大事な時期に一方的な契約解除になると子どもにも悪影響が及びますから、実績のない人を個人契約で家庭教師として雇うのはあまりおすすめできません。

4.親子としての要望をきちんと伝える

小学生の子どもに家庭教師を付ける目的はなんでしょうか。特定の有名中学の受験合格を目標とするなら、それをはっきりと伝えましょう。また、目標としているテストの点数を伝えることもできます。

斡旋会社に、ただ授業をしてくれるだけではなく、結果を出せる人を求めていることをきちんと伝えておけば、相応のプロ意識を持った家庭教師を派遣してもらえるでしょう。

小学校低学年の子どもに家庭教師を付ける場合は、集中力を高めることや勉強方法を教えること、勉強をおもしろいと感じられるようにすることなども、親としての要望に含まれるかもしれません。

勉強そのものを好きになるには、小学校時代に楽しい学習方法を身に着けたり、勉強で達成感を味わえるようにしたりすることが大切です。そうした要素もあらかじめ伝えておくことができます。

子どもの具体的な情報から相性の良い先生を探してもらう

斡旋会社を介する場合、子どもの学習に関する情報をできるだけ多く伝えましょう。家庭教師は塾と違い、一方的な授業を聞くわけではなく、生徒個人の苦手分野に集中して取り組んでもらえることがメリットです。

子ども自身の苦手とする教科だけでなく、何ができて何ができないのか、具体的に伝えておけば、それを得意とする先生を紹介してもらいやすくなります。

さらに、子どもの性格や勉強週間についても細かく伝えておきましょう。ふだん家でどのくらい勉強しているのか、学校の先生からの評価はどうなのか、親が教えようとするとどんな反応を示すのか、などです。

子どもの性格が分かっていれば、斡旋会社から情報を得た家庭教師も、準備しやすくなります。

5.初回無料サービスを有効活用する

家庭教師斡旋会社を通す場合でも、個人契約の場合でも、初回無料サービスで様子見できることが多いものです。家庭教師選びに迷ったら、まずは大手の斡旋会社を幾つか試してみると良いでしょう。

ここでは、授業の運び方、先生の人柄、子どもとの相性などを確認します。もちろんこれはと思う先生でしたらすぐ決めることもできますが、まずは数人試してみようという気持ちでも大丈夫です。

会社選びより先生選びと考える

大手の家庭教師斡旋会社であっても、先生たちは一律で同じ教え方をするわけではありません。会社ごとにある程度の方針はあったとしても、やはり家庭教師自身の裁量に任されていることが多く、先生ごとに個性もあります。

そのため無料体験は、子どもとの相性をしっかり確認する機会と捉え、子ども自身に先生を選んでもらうというのも一つの方法です。

小学生の勉強が捗るかどうかは、好きな先生に教えてもらえるかどうかが大きく影響します。子ども自身も自分で選んだ先生と認識しますので、進んで良い関係を築き、教えてもらう姿勢を培うことにもつながるでしょう。

良い先生とは、子どもの個性に合わせた教え方ができる人です。無料体験の際は、親御さんからも子ども自身からも、家庭教師に対して質問してみてください。

「うちの子の長所と短所は何だと思われますか?」「成績が上がらない原因はなんでしょうか?」「3ヶ月後のテストで何点くらいを目指せそうですか?」など、あらかじめ質問を考えておくことをおすすめします。

小学生の成績アップにおすすめの家庭教師3社

ただ単に家庭教師をつければ子どもの成績がアップするとは限りません。

特に、小学生という時期は取り組み方が成績を左右するだけでなく、今後の学習意欲に多大な影響を与えます。

家庭教師を派遣する会社、家庭教師の質が最も重要といっても過言ではないでしょう。

ここでは、小学生の学習、成績アップにおすすめの家庭教師をご紹介いたします。

子どものやる気を引き出す!「家庭教師のガンバ」

家庭教師のガンバは、日本最大級の口コミサイト・エキテンによるランキングで、家庭教師部門3188件中、評価NO.1に選ばれた実績をもちます。東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアで家庭教師を紹介しており、11万人以上の先生が登録されています。(2016/8/19時点)

そのため、数多くの家庭教師から子どもと相性の良い先生を紹介してもらえます。

先生と生徒というより、お兄さんやお姉さんのような存在を目指す方針という同社。子どものよくある「わからないけどわからないと言えない」という気持ちをなくし、気軽に質問できる環境づくりを大切にしているといいます。

「苦手」にポイントを置いた勉強法を見出すことで、これまで多くの子どもたちの成績アップを実現させてきました。

◎小学生のお子さんを持つ保護者の口コミ

これまで自分から進んで勉強をしなかった子どもが、ガンバの先生に教えてもらうようになってから楽しそうに勉強するようになりました。とても不思議です。その甲斐あって、直近のテストで成績がアップし、親子で喜んでいます。さらにやる気を出してくれたみたいで感激しています。

明るく優しいお姉さんの先生で、なんだかうれしそうです。予習もやってるみたいで、この調子でがんばってほしいと思います。

勉強が苦手な子ども専門!「家庭教師ゴーイング」

東京を中心に首都圏エリアの家庭教師を派遣している家庭教師ゴーイング。BSフジのテレビ番組や産経新聞でも紹介された経歴をもちます。

創立から22年、勉強が苦手な子ども専門と掲げ、12万人以上の指導実績があります。 登録している家庭教師の数は約7万名、指導日だけでなく電話やメール、FAXでのサポートを行っているのも特徴です。

また、不登校や発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の子どもへの指導も得意としており、情熱をもった先生の指導により学習の遅れを取り戻すことができます。

科目や時間、先生の希望などにも融通が利くため、保護者の方にとっても利用しやすいでしょう。

◎小学生のお子さんを持つ保護者の口コミ

子どもが発達障害を抱えているため、親が教えてもなかなか理解できず悩んでいました。そんな時に家庭教師ゴーイングさんに出会いました。子どもに合わせた勉強法で教えていただき、少しずつ結果に表れてきています。

勉強嫌いの子どもでしたが、こちらの先生の指導のおかげで学習に積極的な姿勢をみせるようになりました。

コース種類が豊富な「学研の家庭教師」

教材の出版や学習塾の運営などを行う学研グループが提供する家庭教師です。

全国9万人の家庭教師から「優秀な家庭教師」と判断された登録者のみが選別されています。それゆえ、子どもに合わせた指導方法を的確に見極めることが可能です。

子どもの目的別に合わせたコースを豊富に用意。基礎を学べる「基礎補習コース」から「小学1、2年生」「小学3~6年生」と学年別のコース、ほかにも「国私立小学校補習コース」「中学受験コース」など進学向けのコースから選ぶことができます。

毎年多くの中学受験合格実績を出し、各有名進学校への合格者を続々と輩出しているのが特徴的です。

◎小学生のお子さんを持つ保護者の口コミ

中学生になる前に基礎を身に付けさせたくこちらの家庭教師さんをご紹介してもらいました。クラスでも下から数えた方が早かった子どもですが、どんどん追い抜いていっているのがうれしいです。

中学受験のために学研の家庭教師を始めました。模擬テストでは志望校に合格圏内、このままいけば合格間違いなしだと思います!

親子で徹底比較レポート!家庭教師の派遣会社はどこがいい家庭教師センター辛口比較レポートをじっくり読む

ページの先頭へ