HOME » 家庭教師選びの参考に!おさえておきたい3つのポイント » 子どものやる気を出させて成績アップを狙う5つの方法

子どものやる気を出させて成績アップを狙う5つの方法

1.家庭教師をつける

子どものやる気を出させて成績アップを図るには、家庭教師をつけることが最も効果的だと思われます。

集団塾は、何人もの生徒を相手にしており、決まったカリキュラムに沿って授業を進めていくので、分からないことがあっても気軽に質問することが容易ではありません。

一方、家庭教師の場合は、1対1のマンツーマン方式で教えるので、生徒個人の学力や状況に合わせた指導が受けられ、分からないことも気軽に質問することが出来ます。

また、分からないことがあっても、それを完全に理解できるまで徹底して教えてもらえるので、次第に自信が付きやる気へと繋がっていきます。

2.目的意識を持ちセルフイメージを高くする

スポーツやビジネスなどの分野を問わず成功を収めている人たちに共通しているのは、明確な目的意識を持ちセルフイメージが非常に高いということです。

具体例として書きますが、大リーグですごい記録を達成したイチロー選手は、小学生の時に作文で、将来はプロ野球の選手になると明言していたそうです。  イチロー選手は将来はプロ野球の選手になるという明確な目的意識を持ち、自分が野球界で成功するというセルフイメージが強かったと言えます。

つまり、子どもの頃から自分が将来何になりたいのかをイメージさせ、それを実現させるためにも今勉強しなければいけないという事を認識させることは、とても効果的なのです。

3.学習に関する計画表を立てる

子どもにいくらやる気があって勉強しようと思っても、毎日どのようにして勉強すれば良いのかが分からなければ、その気持ちは長続きしません。

そこで子どもが自主的に勉強できる環境を整えてあげる必要性があるのですが、その1つとして、毎月の目標設定とそれを達成するための具体的な計画表の作成です。

計画表と言っても難しく考えずに、子どもが見てすぐに分かるような簡単な内容で良いと思います。 家庭教師をつけている場合には、ある程度子どもの学力や状況を把握しているので、協力してもらうと良いでしょう。

計画表を一緒に作成することにより、毎月の目標や毎日何を勉強すべきなのかが分かるようになり、自然と学力向上に繋がっていきます。

4.励まして誉めてあげる

人を励まして誉めてあげることは、子どもの学力向上に限らず、一般社会でも人を育てる上に於いて効果的です。

子どものみならず大人でも命令されたり、叱られたりすると不快な思いをして、やる気がなくなってしまうものです。 子どもに対してはテストの結果が悪かったり、勉強をしないからと言ってむやみに叱りつけるのは、子どもを萎縮させるだけで効果的とは言えません。

最も良い方法は、勉強の結果よりもその努力した過程を誉めてあげることです。そうすることにより、更に勉強して成績をアップさせようと努力するのです。

5.小さな成功体験を積み重ね自信に繋げる

子どもが勉強嫌いでやる気が出ない理由の1つに、自信を無くしていることが挙げられます。

このようなケースでは、ちょっとしたことがきっかけとなり、状況が大きく変わっていくこともあります。 例えば、大人から見れば簡単なことでも、子どもが自分で何かにチャレンジして出来るようになることで、達成感を感じ自信を持つようになります。

このように小さな成功体験を積み重ねていくことで、次第に小さな自信から大きな自信へと変化を遂げていき、成績アップに繋がっていきます。

子どもの成績アップに家庭教師や塾より大事な親のサポート【番外】

家庭教師や塾を利用する親のなかには、「勉強をやらせておけばなんとかなる」と考えている方が少なくありません。しかし、精神的にも肉体的にも未成熟な子どもを、よりよい方向に導いていきたい、子どもの力をできるだけ伸ばしてあげたいと思うなら、家庭で親が子どもをサポートすることの大切さも知っておきましょう。

「勉強をやらせる」ことは子どもの成績アップに繋がらない

子どもが何歳であっても、「勉強しなさい!」といって子どもに勉強をやらせていても、成績アップには繋がらないでしょう。勉強をして子どもの成績があがるのは、自分の知らないことを学ぶ楽しさを理解し、学んだことを身につけているという実感があるからです。

もし勉強を楽しくないものだと考えていれば、子どもは自分のしたくないことをやらされるストレスを抱え、成績は思うようにあがらず、成績があがらないことを親が叱ったり、怒ったりするという悪循環に陥ります。

やりたくないと思っていることをやらされると、ストレスを感じるのは子どもも大人も同じ。子どもと一番長くいる親が、いかに勉強の楽しさ、学ぶことの面白さを子どもに伝え、子どもの学習意欲をサポートするかが、子どもの一生を左右します。

子どもを動かすためにまずは家で読書をはじめよう

子どもの好奇心や学習意欲を刺激する、もっとも自然で効果的な方法は、親自身がなにかを学ぶ姿勢を子どもに見せることです。子どもは親の背中を見て育つ、とはよくいったもので、蔵書量が多く、よく読書をしている家庭の子どもは、なにかをいわれなくとも自分から本を読む習慣を身につけます。

特に幼児期の教育では、本格的な学習をはじめるまえに、「文章を目のまえにして長時間集中する」という訓練をしなければなりません。読書は、子どもが自分で勉強をする下地を育てるためにぴったりの方法なのです。

なにより、親がいくら「勉強しなさい!」といっても、子どもが「お父さんやお母さんは勉強してないのに」と思えば、子どもは勉強しません。「自分から自然になにかを学ぶ」環境づくりをするのも、親が行うべき大切なサポートといえます。

「地頭のよさ」をつくるための習慣づくりができるのは親だけ

規則正しい生活習慣は、子どもの生育を助けてくれます。親が早寝早起きできるようサポートしていれば、睡眠時間が足りているため体も十分成長しますし、学校や塾での居眠りも減るでしょう。

毎日3食バランスの取れた食事を取っていれば、脳もきちんと発達します。生活習慣を大人になってから直すのは大変です。子どもが小さいうちから、親がしっかりと規則正しい生活リズムを身につけさせることが大切なサポートのひとつです。

内容がわからなくても「勉強を見る」ことで子どもは落ち着く

子どもにとって、勉強の楽しさとは「わからないことがわかる楽しさ」だけでなく、「身近な人にほめてもらえる楽しさ」でもあります。子どもの成績アップを考えるなら、子どもに「勉強の楽しさ」を感じてもらわなければなりません。

子どもの努力や勉強を、一番「ほめる」「認める」ことができるのは親です。ただ、直接子どもをほめるだけではいけません。子どもを安心させるのは、「勉強しているときに、親が無視せずいっしょにいてくれる」こと。

自室で勉強するより、リビングで勉強する習慣をつくる、子どもから勉強に関する質問を受けたときは、たとえわからなくても手をとめ、きちんと子どもと顔を合わせていっしょに考えるという姿勢が、子どものメンタルケアにもつながるのです。

親子で徹底比較レポート!家庭教師の派遣会社はどこがいい家庭教師センター辛口比較レポートをじっくり読む

ページの先頭へ