HOME » 家庭教師選びの参考に!おさえておきたい3つのポイント » 家庭教師はいつから始める?最適なタイミングを解説!

家庭教師はいつから始める?最適なタイミングを解説!

小学校高学年にもなると、塾や家庭教師を始めるお子さんも多くなってきます。

家庭教師を始めたいけれど、うちの子はいつから始めさせるべき……?と悩むお母さんも多いはずです。

そんなお母さんに向けて、実際に家庭教師を始める最適なタイミングについてご説明します。

中学受験を目指すなら小学4年生から家庭教師を始めましょう!

中学受験を目指している場合は、小学校4年生から、遅くとも小学校5年生までには家庭教師をつけることをオススメします。というのも、いざ受験生となる6年生になってから、前学年の範囲の勉強で分からない箇所が出てきてしまったり、基礎となる勉強がきちんとできていなかったためになかなか勉強が進まない!となると、受験に間に合わなくなってしまう可能性があるからです。

また、特に難関中学を目指す場合には、学年が上がるにつれて学校で習う基礎の勉強に加えて、受験に向けたハイレベルな勉強もしなければなりません。しかし、そうした勉強は独学ではなかなか難しいものです。 そのため、4〜5年生までには家庭教師をつけ、苦手な科目や分からない箇所を1つ1つ潰して中学受験に向けた準備をしっかりとしておくこと、さらにはハイレベルな勉強のサポートをしてもらうことが大切なのです。

勉強の習慣をつけるなら小学校高学年のうちに始めると安心

「うちの子は中学受験を考えていないし、小学生のうちは家庭教師は必要ないかな……」 そう考えているお母さんがいたら、それは間違いかもしれません。中学受験をしない場合でも、小学校高学年になってから家庭教師を始めることで、長期的なメリットがたくさんあるからです。 実は、学力はもちろんのこと、勉強に対する「姿勢」も小学校高学年からすでに差がつきはじめています。後ほど詳しくご説明しますが、小学生のうちは良くても中学生になってから子どもの成績が落ちた!と悩むお母さんは多いものです。

勉強する習慣がつかないまま、または勉強嫌いになって中学に進学してしまうと、それこそ大変なことになりかねません。 小学校高学年のうちに家庭教師をはじめ、勉強の習慣をつけたり、苦手教科や勉強に対する苦手意識を克服することで、中学生になっても勉強に対するやる気を保ち、成績を落とさずに維持することができるのです。

中学生なら早いうちに!高校受験も見据えておくことが大切

中学生のお子さんの場合、なるべく早いうちに家庭教師をつけることをおすすめします。中学生になると、小学生の時と比べて勉強の難易度が上がることはもちろん、授業のスピードも速くなるので、日頃から予習・復習をしっかりしていないと勉強についていけなくなってしまう可能性があります。

さらに、部活や遊びなど、小学生の時と比べ勉強以外にもやることがたくさん出てくるため、つい勉強が後回しになっているというお子さんもいます。小学生の時までは成績が良かったのに、中学に入った途端急に成績が落ちてしまった……、テストでいい点がとれなくなった……、こんな声はとても多いのです。

このように一度躓いてしまうと、相当な努力をしないと挽回するのは難しくなってしまいます。

こうした事態を防ぐためにも、中学1年生など、とにかく早いうちから家庭教師をつけて予習・復習など勉強の習慣をしっかりとつけること、分からない箇所をそのままにせず日頃から潰しておくこと、苦手科目の克服をしておくことが大切です。こうした日頃の努力が、あっという間にやってくる高校受験に向けての大切な準備にもなるのです。

まずはお子さんにあった家庭教師選びから!

何よりも大切なのは、実際に勉強をするお子さんに合った家庭教師を選ぶことです。

当サイトも参考にしながら、ぜひ最適な家庭教師を見つけて、お子さんの勉強をサポートしていきましょう!

親子で徹底比較レポート!家庭教師の派遣会社はどこがいい家庭教師センター辛口比較レポートをじっくり読む

ページの先頭へ