1.料金相場はどれぐらい?

このページでは、知っておきたい家庭教師選びの3つのポイントのうち、「料金相場」について紹介していきます。

いくらかかる?家庭教師料金の目安

一般的に、高いイメージのある家庭教師。

家計を預かる立場からすると、子どもの成績とともに料金についても気になるところでしょう。

しかし、その内実は千差万別。

一流大学・高校を目指す高レベルな家庭教師はやはりそれなりのお値段がかかりますが、中学校の勉強サポートを目的とした家庭教師であれば、「思ったほどかからなかった」というのが実情のようです。

あくまで、参考の数字ではありますが、一例として個人家庭教師料金の相場目安をまとめてみました。

個人家庭教師の料金目安
小学生 1,500円~2,000円
小学生(中学受験生) 3,000円~5,000円
公立中学生 2,000円~4,000円
私立中学生 3,000円~5,000円
高校生 3,000円~6,000円

※1時間あたりの単価

これは、いわゆる家庭教師の時給となるわけで、家庭教師センターに依頼する場合は、ここから1.5倍~2倍の料金となるのが一般的。

つまり、公立中学生のケースでは、安くて3,000円~4,000円、高くて4,000円~8,000円ということになります。

「それでも高い」と思われるご家庭には、最近は30分単位で割安料金の家庭教師も人気です。たとえば、公立中学生でも30分1,000円からとはじめやすい料金体系で、2時間お願いしても4,000円と、一般的目安の半額クラス。

となると、今度は「指導力が心配」と思われるかも知れません。

その点は、無料お試し授業で体験できますし、実際に在籍生徒数が多ければ、それだけ指導力にも定評があるということになります。

授業料以外の出費もチェック

ただし、授業料だけに目を奪われてはいけません。

学校の教科書だけを使うわけならともかく、ほとんどの家庭教師センターでは別途教材・テキストが必要となります。

これに関しては、センターによって費用はまちまち。いくら必要なのか、あらかじめしっかりと確認するようにしてください。

なかにはテキスト購入の有無を選べるところもありますので、子どものレベルや意欲に応じて教材を選択できるのがベスト。必要もない教材・テキストを買わされることほど、ばかばかしいことはありませんからね。

子ども1人ひとりに最適な方法で学べるのが、もっとも学力が伸びる秘訣なのです。

さらに、進路相談や先生の交代も無料で対応してくれるところであれば、言うことなしでしょう。

親子で徹底比較レポート!家庭教師の派遣会社はどこがいい家庭教師センター辛口比較レポートをじっくり読む

ページの先頭へ